当道場で教えている、3本の柱です。

基本技術・

フィジカルトレーニング

突き・蹴り・防御・形・身体能力アップの基本練習

空手はまず基本から。

立ったままする基本から、動いて覚える移動稽古や形稽古をしていきます。

基本の練習がうまくなると応用が簡単にできるようになります。
立ち方、動き方、呼吸の仕方、意識の持っていきかたなど、毎回やらなければ身につかない奥の深いものです。
いつも真剣に、でも笑いが絶えない明るい練習になっています。

フルコンタクト技術

フルコンタクト空手の技術練習

突き・蹴りだけで戦うフルコンタクトルールに特化した技術練習。独特の戦い方が必要です。上達を実感しながら楽しく学べるように考えています。

ミット稽古、シャドートレーニング、実際に当てあう組み手稽古で自分独自の戦い方を見つけていきます。

強さとは何かを学ぶに最適な競技です。

サバキ技術

サバキ空手の技術練習

定年退職後にもできる、古武道的な空手になります。

もとは芦原空手から来ています。芦原空手はサバキ空手という独自の理論を持つ、極真空手から分かれた実戦技術です。相手の攻撃を受け流し自分に有利な状態で相手を制します。

練習すればするほど奥深さに楽しくはまっていきます。

若い方にもその理合いは、様々な試合に応用が利きます。

達人を目指して、一生の趣味としてもお勧めです。